11

終身雇用が当然だった時代は終わりを迎えつつあり、多くの企業が副業を認めるようになってきました。人件費に多くのコストを割くよりも、ある程度であれば副業を認めてあげた方が会社の利益になるからです。しかし、副業の種類もたくさん存在し、どこから手を付ければ良いのか分からないという人もいることでしょう。インターネットの情報だけでは本当にお金が手に入るかどうかもわかりません、場合によっては嘘の商材を買わされて損をしてしまう可能性があります。
まず、副業選びには「お試し」ができるものを探せば良いです。たとえば、最もメジャーなオークションという方法がありますが、いきなり高価なものを売ろうとするのではなく、最悪の場合そのまま損をしてもかまわないというような物を売ってみます。アフィリエイトをやるのであれば、とりあえず1件成約するまで様子を見てみます。そうしていくと様々なジャンルの副業の中でどれが一番自分に向いているのか、金運が導いてくれます。苦手と思うものに一生懸命になっても金運アップは望めません。好きこそものの上手なれですので、まずは少しずついろいろなものを浅く広くやってみて、自分が向いているものを選ぶと良いでしょう。